紫外線のダメージは大きい

一昔前は、「子どもは日にやけていると健康的!」というイメージがあって、母子手帳にも乳児の日光浴を奨励する文言がありました。

 

実際に、太陽の光は、骨を丈夫にするビタミンDを体内で作るためには不可欠です。

 

しかし、この数十年で、紫外線の量は増え続け、有害な種類の紫外線が多くなっており、太陽光を浴びることはデメリットしかないとさえ言われるほどなのです。

 

大人の皮膚でさえ紫外線を避けることが当たり前なのに、大人よりも薄い皮膚の赤ちゃんにとって紫外線のダメージは想像以上なのです。

 

さらに、紫外線を受ける積み重ねが、大人になってから健康へ悪影響が出ることもわかってきていると知って、紫外線の量がピークを迎える夏場以外でも、日やけには気をつけたいと思いUV対策を始めました。

日焼け止めを選ぶときの基準

私が子どもの紫外線対策として購入しようと思ったものは、とにかく肌に優しいものであることが条件でした。

 

皮膚が薄くてダメージを緩和する機能が少ない赤ちゃんの肌なので、刺激のあるような化学成分が無いこと、そしてお家に帰って日焼け止めを落とすときに刺激をしなくても簡単に落ちるものであることを優先しました。

 

落ちやすいので何度となく塗り直しする手間が発生してしまうのですが、綺麗な肌を保ってあげるためには仕方がないと思って、夏場は何度も塗り直してあげています。

 

やっぱり落ちにくいものはそれだけ肌への負担も大きくなるので、赤ちゃんにはおすすめできません。

 

夏場は公園にちょっと行くだけでも日焼け止めが必要になるので本当に大変な時もありますが、毎日しっかりと紫外線対策を実施するようにしています。

綺麗な肌を保つことができています

紫外線対策アイテムには、「肌への刺激が少ないこと」「子どもが抵抗なく使える使用感や香り」「トラブル肌でも使える低刺激性」「安心・安全で子どもに対してやさしく使用できること」を重視していたので、おおむね満足しています。

 

実際使ってみると、赤ちゃんのデリケートな肌に使っても、赤くなったりせず、とても安心して使用できます。

 

伸びが良いので動き回る赤ちゃんにも塗りやすいというのもメリットです。

 

お風呂でいつも使っている泡タイプのボディソープを使えば簡単に落とせるのはもちろん、本当にお湯だけでも落とせるので手間もそれほどかかりません。

 

もしも赤ちゃんの日焼け止めはどれにしようか迷ったら、肌に優しいものを選んであげるためにも、刺激になるような化学成分が入ってなくて簡単に落とせるものを選ぶことをおすすめします。

 

おすすめの日焼け止めはこちら ⇒ お湯で落とせる赤ちゃんの日焼け止め