拭いても取れない白い固まり…

生後3ヶ月頃、赤ちゃんの頭に白い固まりがチラホラ見え始めました。

 

ペタッとくっついていて無理やり剥がしたら毛が抜けそうで怖かったので、とりあえず数日放置しました。

 

すると、白い部分がどんどん増えてきて、生え際と頭頂部にビッシリできてきました。

 

怖くなったので小児科を受信すると、脂漏性湿疹と診断されました。

 

新陳代謝が活発な赤ちゃん期に多い肌トラブルだそうで、皮膚が剥がれ落ちずに溜まってしまったそうです。

 

分泌された脂が角質と結合して剥がれにくくなってしまい、だんだん大きくなってきたということです。

 

赤ちゃんには痛みも痒みも無く、成長と共に無くなると言って頂きました。

 

でも、赤ちゃんの病気の本には酷くなると頭全体に広がってしまうと書かれていたので、少しずつでも自宅でケアをスタートしました。

とにかく、ふやかして剥がす!を繰り返す

皮膚の固まりなので、お風呂中に頭にガーゼハンカチを乗せて、しっかり頭皮をふやかすようにしました。

 

ふやけると、固まりが白く膨れ上がるので、端から指でそーっと剥がします。

 

原始的な方法ですが、タオルで擦ったりピンセットなどの道具を使ったりするよりも、赤ちゃんに負担を与えずに確実に取り除くことができます。

 

端が剥がれると少しずつ固まりが浮いてくるので、だんだん剥がしやすくなってきます。

 

赤ちゃんが寝ている時の方がやりやすいので、お風呂上りが無理ならベビーオイルで頭を優しく撫でるようにマッサージすると柔らかくなって剥がしやすくなりました。

 

手の平の温度でオイルを温めながらやるのがポイントです。

 

オイルの場合は、終わったら温かい濡れタオルで拭いてあげるとサッパリしますよ!目に見えて固まりが取れていくので、毎日キレイになっている実感がわきます。

数日でキレイな頭皮に!再発もなし!

ふやかして剥がす、を繰り返していると、数日間でキレイな頭皮になりました!続けていると、お風呂に入った時に自然と剥がれていくこともあります。

 

赤ちゃんにダメージを与えることなく、キレイな肌になれて本当に良かったと思います。

 

痛みや痒みが無かったら、病院でも大丈夫だと言われます。

 

本やネットで調べても、優しく拭くとか清潔に保つとは書いてあっても、爪で剥がすとまでは書かれていません。

 

でも、それで本当に放置したら、どんどん酷くなっていくし、かぶれた皮膚病みたいに見えるのも嫌でした。

 

爪が良いと思ったのは、細かい力加減ができるからです。

 

爪先をヤスリで丸くしておき、しっかり爪の中まで洗う、という最低限のことに気をつければ、赤ちゃんの肌を傷つけずにケアすることができます。

 

一度全て取りきってしまうと再発することは無かったので、白い固まりが小さいうちに剥がしてしまうと、それ以上ひどくなりません。